2013/01/22

オルタナティブ・プリント・ワークショップ Vol.1 :鶏卵紙 アルビューメンプリント



写真の古典技法のひとつである、鶏卵紙(アルビューメンプリント)のワークショップを開催します。







19世紀の写真技法のひとつである鶏卵紙のワークショップを開催することになりました。初めての方でもプリントできるように内容を工夫したいと思います。これまでも鶏卵紙の体験ワークショップは写真美術館やプロ暗室などが主催して開催されていますが、今回はほんとうに美しい写真を作ることを目標にします。

開催日は2月16日(土)を予定しています。詳細についてはこちらのページ(http://www.susu.co.jp/news/p968.html)をご参照ください。
※ご好評につき、2月16日、17日の午後の回は満席になりました。2月16日(土)の夕方にさらに追加開催します。

写真の古典技法というとなにやらマニアックな感じがするかもしれませんが、海外では手作りの工芸的な作品のベースに使われることも多くあります。代表的なのは手製本。



今回参加いただいた方には、デジタルネガを制作するために使う専用フィルム、ピクトリコTPS100のサンプルをプレゼントします。本当に美しい写真を作るためのトーンカーブの調整方法についても説明する予定です。

現在、日本ではオルタナティブ・プロセスのワークショップ等は少しずつ増えてきていますが、実際に一定のクオリティの作品を継続して制作している作家によるワークショップはまだほとんどありません。その点でも今回は充実した内容になるよう工夫していきたいと思います。

インクジェットプリントとは全く異なる古典写真印画。今回は第1回目の開催ですが、今後、他の技法も紹介していければと考えています。

大藤のウェブサイト:http://kenshidiato.comでも鶏卵紙の作り方を紹介しています。

the residence of William Henry Fox Talbot albumen print/ 鶏卵紙
鶏卵紙プリント。写真の発明者のタルボットの屋敷。今回同じ画像を自分でプリントすることもできます。©大藤健士 2012

Related Articles

0 コメント:

コメントを投稿

©Tokyo Alternative Photography. Powered by Blogger.